住宅トラブルの解消 トイレの問題(水漏れ・トイレつまり)など

住居

zyuutaku

生活の基盤とし、起居を伴う建築物のことを、住居と呼称する。
住居には、生活するにおいて必要不可欠な、様々な設備が備わっている。また、安全や快適性を重視した、様々な工夫が施されている。
それらが欠損している住宅を、欠陥住宅と呼ぶ。欠陥住宅では、人が安全かつ健全な生活を送ることは困難である。

例えば、耐震設計に問題のある住宅は、欠陥住宅である。日本は、地震が多発する地震大国であり、住宅の設計において耐震強度は非常に重要なものである。
2005年には、建設物の耐震強度を偽造した、耐震偽装問題が起こったことが話題になった。設計段階から欠陥であった場合、事態が深刻化してから欠陥に気づくことが多く、大きな問題となる。
この問題以降、全国的に耐震強度の再検査が行われるようになった。住宅の安全性を、再確認することが重要であると知らしめた一件であると言える。

生活トラブル

設計、構造上では欠陥でなくても、使用を継続する上で欠陥となる場合がある。これを一般には、生活トラブルと呼ぶ。
生活トラブルは、日常的に多用する箇所が起きる場合が多い。例えば、玄関の鍵や水回りの設備などである。

中でも特に、トイレは生活トラブルが頻発する設備である。
トイレは、日常的に使用される設備である。時代と共に、和式から洋式へ、くみ取り式から水洗式にトイレの形態は変わってきた。それに伴い、トイレの機構は複雑化することになり、故障や劣化が起こるようになった。

水回り

mizumaari

トイレは、水道を利用する水回りの設備である。一般的に、水回りの設備は素材の劣化が早い。

川の流れによって、硬い石の角が取れて丸くなるように、水の動きに伴って素材が削れてしまう。精密な動作を必要とする箇所が、長時間に渡って水の磨食を受けることで、動作不良に陥ってしまう可能性がある。
また、鉄などの一部の金属は、水に長時間浸されることで酸化する。酸化した鉄のことを、錆と言う。水回りの設備は、錆や水垢などによって、正常な働きを阻害されやすい。
さらに、水はわずかな隙間からでも漏出し、水漏れを起こす。長年の使用によって、結合部に緩みが生じた場合、水回りの設備では水漏れのトラブルが起きる。

トラブルの起きやすい箇所として、水回りの設備には定期的な検査が必要となる。また、トラブルの発生が確認できた場合には、被害の拡大を防ぐために、速やかに修理・補修を行う必要がある。

hotnews

mizumore

水漏れ

水漏れは、水回りの設備に頻発するトラブルである。住宅の中で、水を多用する設備は多い。例えば、台所、洗面所、浴室、…続きを読む
toilet

トイレつまり

トイレのトラブルとして頻発することの多い事例が、トイレつまりである。水洗便所に特有のものである。トイレつまりは、…続きを読む
洗面台

ライニング

ライニングとは、表面を汚染や老朽化などから守る為に行われる防御策の事をいう。表面を丈夫にする為にいくつかの材料で…続きを読む

recommend

水漏れ

mizumore

水漏れは、水回りの設備に頻発するトラブルである。住宅の中で、水を多用する設備は多い。例えば、台所…続きを読む

トイレつまり

toilet

トイレのトラブルとして頻発することの多い事例が、トイレつまりである。水洗便所に特有のものである。…続きを読む